飲食店のイメージ戦略において清潔さはとても重要で、グリストラップのクリーニングもそれを実現するツールの1つです。東京や神奈川をはじめ国内には様々な飲食店がありますが、店舗経営を成功させるために必要な「清潔さ」とは一体どのようなものでしょうか。

そもそもQSCとは?

QSCはQ(クオリティ:商品の品質)、S(サービス)、C(クレンリネス:清潔)の3つによって成り立っています。クレンリネスは持続しないと効果が出にくく後回しにされがちなものです。特に厨房内のグリストラップなどは顧客の目に見えない部分でもあるため、つい疎かになってしまうという店舗も少なくないようです。

クレンリネスを構成する要素

QSCの一画をなすクレンリネスを構成する要素がドライ(乾燥)、シャイン(光り輝く美しさ)、オーダリー(整理整頓)といわれています。例えば、乾燥は飲食店の大敵である雑菌の繁殖を防衛する最適な方法ですし、光り輝く美しさは清潔感に必要な要素です。

また、整理整頓された仕事場は手入れが行き届いている印象を与えます。当社は埼玉や千葉も対応エリアとなっていますが、特に歴史ある旅館やホテルほどグリストラップのクリーニングを定期的にご契約いただくことが少なくありません。成功している店舗ほど、目に見えていない部分のクレンリネスを徹底している印象を受けます。

QSCは飲食店成功の基礎

クレンリネスをはじめとするQSCは日々徹底して実践することで、飲食店経営の成功に様々な効果をもたらしてくれます。例えば、QSCレベルの高い店舗は顧客満足度も上がります。これはクレンリネスを日々徹底して行うことによって、スタッフ間の意識向上があるからです。人材教育にとっても大きな要素となるのです。

グリストラップのクリーニングは小さな要素の1つですが、その小さな積み重ねが高いレベルのQSCを可能にします。
店舗経営にとってQSCは基礎となるものであり、中でもクレンリネスは日々継続することが求められます。店舗にとって成功の鍵を握っている要素の1つといっても良いかもしれません。