グリストラップの掃除を怠ってしまうと、汚水が溢れ出すことがあります。飲食店の厨房で汚水が溢れ出してしまうと、営業ができなくなる場合もあるのです。そのため、グリストラップの管理は徹底して取り組まなければいけません。グリストラップの掃除をする際は、自力では行わず専門業者に依頼することをおすすめします。グリストラップの掃除を間違った方法で進めてしまうと、営業面はもちろん環境面にも問題が生じてしまう可能性があるからです。

グリストラップ清掃でよくある間違いと生じる問題

グリストラップ清掃でよくある間違いと生じる問題

汚水が溢れ出ているような状況の場合、まず始めにヘドロを取り除かれることでしょう。最初はきちんとヘドロを取り除くことを意識していても、徐々に汚れが少なくなるとヘドロを取り除かずに、排水管にそのまま流してはいませんか?

ヘドロを排水管に流してしまうと排水管の詰まりの原因になってしまう可能性があります。さらに排水管を通り、川や海に流れてしまうことも考えられ、環境破壊へと繋がってしまうのです。ヘドロを取り除かなければいけない場面では、ヘドロを取り除いて産業廃棄物として処理しなければいけないのです。

熱湯による掃除

グリストラップの掃除を行うときは、熱湯を使っているという方もいらっしゃるでしょう。熱湯を使うことで頑固な汚れも簡単に取り除くことができるようなイメージをお持ちの方はたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、熱湯による掃除が絶対良いわけではありません。デンプンを使用する飲食店などは熱湯を使用しないようにしなければなりません。それはデンプンが熱湯によって固化してしまうからです。簡単に取り除くことができる汚れも、固化してしまっては掃除がしにくくなってしまうのです。
固化した汚れがヘドロなどの原因になることも考えられます。

このような条件を見た時、個人で対応するより専門業者に任せた方が限りなくリスクが低くなると思います。当社は20年の実績を持っているグリストラップ清掃業者です。グリストラップの洗浄作業にお困りの方はお気軽にご依頼ください。東京・神奈川・千葉・埼玉を対応エリアとして活動しています。最安値にてグリストラップ清掃に対応いたします。