掃除の重要性

グリストラップの掃除は、飲食店の清潔さを維持するためには必要不可欠です。こまめに掃除するのが一番ですが、人手不足やコストがネックになります。安い料金の業者を選ぶだけでなく、適切な頻度を把握しておくとコストカットができます。

適切な頻度

グリストラップの掃除は、各部分によって適切な洗浄頻度が異なります。それぞれの目安と、掃除の際のポイントを紹介します。

  • バスケット

    残飯や生ゴミなどが溜まる場所なので、こまめに清掃した方がベターです。当番制で数時間おきに清掃すると、清潔さが保てます。少なくとも1日に1回は掃除をしなくてはいけません。その際、浮いている油分を軽く取り除いておけば、汚れがひどくなるのを防げます。

  • 油脂

    バスケットを掃除する時に、こまめに油脂を取り除いていても、気づけば多量の油脂が浮いている場合が多いようです。毎日の清掃が難しい場合は、週に1回を目安に油脂を回収します。あまりにも油脂が目立つのであれば、食器や調理器具を洗う前に油を拭き取っておくと量を減らせます。

  • 沈殿物

    油脂は浮いてきますが、汚泥は底に溜まっていきます。汚泥の量が増えると、排水機能の低下を招くので定期的な掃除が必須です。目安は1ヶ月に1回ですが悪臭があるようならば、スパンを短くした方が良いかもしれません。

  • トラップ内部

    排水トラップの清掃の頻度は、1ヶ月から3ヶ月に1回が目安です。油脂や汚泥の量が増えている時は、1ヶ月に1回は掃除をするのがベストです。掃除後はきちんとキャップが閉まっていることを確認しましょう。緩んでいると逆流や水漏れの原因になります。

グリストラップを徹底洗浄するなら、当社のクリーニングサービスをご活用ください。東京や神奈川、埼玉、千葉のエリアで、迅速かつ丁寧に対応いたします。バキュームに特化した独自の清掃方法で、グリストラップを隅々までキレイにできるのが強みです。定期クリーニングに関しては、1月に1回、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回と、間隔をお選びいただけます。プロの洗浄で清潔なグリストラップをキープしませんか。